インプラントの使いまわしについて

今 マスコミで話題になっているインプラントの使いまわしですが
当然のことですが、野澤歯科では、インプラントの使いまわしはありません。

インプラント手術には 清潔な器具を使い 細心の注意を払って行っております。

使用したインプラントのロット番号 製造番号や種類の書いたシールが、
インプラント一本一本に付いています。
このシールをカルテに貼って保管していますので、全て確認できます。

その他 インプラント治療について 不安な点がありましたら、遠慮なく院長まで

お申し出ください。

インプラント治療について

ankylos_1.jpg当院ではアンキロスインプラントを使用しています。

1.接合部の隙間が口腔内細菌よりも小さいため、接合部への細菌侵入がなく、インプラント頚部の炎症を起こすことが少ないです。

2.隣の歯やインプラント同士が近接した症例においてもインプラント周囲組織の安定が得られます。

3.骨に裏打ちされた歯肉が、歯間乳頭を理想的な形態に再生します。

 という利点があります。

 どんな症例に用いているかは こちらのメーカーの症例集をご覧ください。

  野澤歯科で実施した症例の写真に関しては、いままでの症例の中で

患者さんの承諾を得ているものを 当院でのコンサルテーションの際に

お見せいたします。

治療の流れ

当院でのインプラント治療の流れです。

1.コンサルテーション

 患者さんの要望をお聞きします。

2.全身状態の確認 (インプラント手術が可能かどうかの確認)

 必要があれば、専門医、主治医に対診 

3.総合的な口腔診査

 歯周検査、機能検査、補綴物の評価、レントゲン検査(パノラマ、CT)

 印象採得、咬合採得

4.治療計画の立案、説明

5.手術  埋入手術  インプラント体を骨の中に植える

       2次手術  インプラント体が骨と結合したら上部の構造をつけるために

               歯肉の形を整える。

6.補綴 差し歯や入れ歯のような上部の構造をつける。

7.メインテナンス

 定期的にインプラント体の汚れや緩み 感染がないかチェックする。