治療の基本です。

歯周組織は歯を支える土台です。

建物の建築と同じように、いくら外側をキレイに作っても

土台がしっかりしていなければ壊れてしまいます。

当院では、かみ合わせの治療、顎関節症の治療の際に

歯周組織の状態をチェックし、併せて治療を行っています。

歯周病治療の流れ

1. 口腔内診査 (歯と歯肉の状態の把握) レントゲン写真の撮影 

2. 歯肉の検査(歯周ポケットの深さを計測)をし、歯周病の程度を調べます。
3. 現在の被せ物、詰め物をやり直す必要があるか、抜かなければいけない歯があるかどうか

  確認し、説明します。

 4. 正しい歯磨きの方法の指導、説明

5. 自宅での正しい歯磨きをしていただくとともに、来院していただいて歯垢、歯石を取り除きながら、歯肉の改善をしていきます。 また抜歯や被せ物の治療が必要な場合行っていきます。

6. 再度歯ぐきの検査を行い 初診時の結果と比較します。

7. 検査の結果から、改善が見られなかった所について、治療計画を立てます。
8. 計画に沿って、治療が必要な歯に、治療を行って行きます。
9. 治療が終了した時点で、再び歯肉の検査を行い改善の程度を比較検討します。
10. 結果が良ければメインテナンス(定期健診)をしていきます。悪ければ、その部分の処置を再度検討致します。

歯周病がギネスに載っている?

    歯周病は、人類が誕生してから今日までで、一番感染者数の多い感染症と

  してギネスに載っているそうです。

 歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので、 気が付いて治療をされる方は

少ないですが、 実際には日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると

いわれています。

歯周病は、日本人が歯を失うもっとも大きな原因とされる病気です。

 最近、歯周病が糖尿病や心臓疾患はもとより、HIVやインフルエンザなどの

ウイルス感染症の感染、発症にも影響をおよぼすにことが報告されています。