インフルエンザ予防に口腔ケアが有効です

 ご存知ですか?
インフルエンザの予防には口腔ケアが有効です。

お口の中では 歯の表面に虫歯菌が砂糖成分のブドウ糖を分解しヌルヌルしたものをつくり、どんどん生産されて、厚みを増していきます。これがバイオフィルムといいます。
 身近には、ご家庭のお風呂の洗面器の裏側 水槽のヌルヌルしたものも細菌がつくるバイオフィルムの 一種です。バイオフィルムは、むし歯菌や歯周病菌などのバイキンがたくさんいる基地と言ってよいでしょう。
 お口の中にバイキンが多くいると、それらの菌が毒素を出し、口やのどの粘膜が荒れている状態になります。インフルエンザウイルスは、口やのどが荒れている状態になると、容易に体の中に入ってくるそうです。つまり、口の中の環境をキレイにすることで、ウイルスの進入を防ぐことができます。
 奥田東京歯科大学名誉教授の研究では、老人ホームで、口腔ケアをすることによりインフルエンザの発生率を抑えたという報告がされています。
  歯表面に強固に付着したバイオフィルムは、歯ブラシで磨いても簡単には除去することは困難です。
歯科医院で専用の機械を使って機械的な歯面清掃をするとバイオフィルムを簡単に除去することができます。 もし、このバイオフィルムがお口の中から完全に除去されたならば、虫歯にも歯周病にもなりにくくなります。

歯科医院で歯のクリーニング PMTCをすることが大切です。
 

歯ブラシ選びのお手伝いもいたします。
歯ブラシやオーラルケア用品の購入もできます。
お気軽にお越し下さい。